客観的に見た自分の後ろ姿

先日、子供の参観に行きました。朝、しっかりとキメて太っているように見えないお洋服で出掛けたつもりです。帰宅後、スマホのビデオ動画を見て愕然としました。自分の後ろ姿に、です。
いつも、前から見た自分の姿しか鏡で見ていませんでした。

まさか、自分の後ろ姿があんなにも猫背で、あんなにもたくましく、あんなにも上着がパンパンになっているとは気付きもしませんでした。
私は、どちらかというと昔から痩せてるね、と言われる方でした。子供を産み、「太ったわ~。」という愚痴に、「全然変わってないよ!」と言ってくれる回りの優しさに、太っていっていることを気付かないふりをして、自分磨きを怠っていました。          
ダラダラと生活をしてきた結果がこの後ろ姿。そういえば、痩せてるね。などここ数年言われた記憶すらない。主人に聞いてみました。私細い?と。苦笑いを浮かべて、たくましくなったよね。と現実的な、今一番心にぐさっとくる一言を言われました。

自分の、痩せてるねと言われたときの至福感を味わいたい、ビデオに記録されるならもっと綺麗な母親でうつりたいと、いう願望でダイエットをしたいと思いました。

ダイエットをして、後ろ姿のすっきりとしたシルエットになって、あの人細いね、なんてそこまで言われなくったって、背中の丸まってない、第一印象がたくましい人と思われないような、後ろ姿まで意識出来るような女性になれるよう努めて行きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする